ぬちぐすいサンダー隊、愛嬌たっぷり

琉球國祭り太鼓は、エイサー演舞で顔に滑稽な化粧をして、愛嬌たっぷりの踊りで観客を沸かせる「サンダー(チョンダラー)」の演舞隊を初めて結成しました。

名称は、ぬちぐすいサンダー隊。

8月の初披露に向け、子どもたちが練習に励んでいます。

沖縄市内の青年会が受け継ぐ伝統エイサーでは通常、チョンダラー役は農民の格好をした年長者の男性数人が担うことが多いそうです。

祭り太鼓は、小中学生の女の子を中心メンバーとするのが特徴です。

衣装も現代的で、100人超の大演舞隊を目指しています。

沖縄市立高原小学校の体育館で行われた練習には、沖縄市内外から約40人の子どもが集まりました。

顔におしろいを塗り、つながる太い眉毛やひげを生やすなど滑稽な化粧を施した女の子が勢ぞろいしました。


「七月節」のリズムに乗せて、クバの葉の扇を大きく振るチョンダラー独特のしぐさを取り入れた創作演舞の練習に励みました。

那覇市立宇栄原小5年の高田英梨紗さんは「変なメークでエイサーの踊りとも違うけど、お客さんが笑ってくれたらうれしい」と話してくれました。

演舞は8月3日午後1時に那覇市の国際通りで開かれる「エイサーページェント」で初披露されます。

演出家の目取真武男さんは「新しい文化が生まれたら面白い」と話しています。

琉球國祭り太鼓は、イベントへの参加を呼び掛けています。

お電話でのお問い合わせ、琉球國祭り太鼓 本部事務局 電話098-937-7624

Related article