2/17/2014

太陽が丘陸上競技場に夜間照明

京都府は、京都府立山城総合運動公園、太陽が丘の陸上競技場に、夜間照明を新設します。

就業後の社会人や授業を終えた学生らが日没後にトレーニングできるようにし、施設の利用時間を現在より4時間延長します。

京都府のスポーツ施設のあり方を考える有識者の懇話会が昨年まとめた構想に基づき、競技環境を充実させます。

太陽が丘は、市街地近郊にあり、社会人などから陸上競技場の夜間利用を望む声がありました。

計画では、競技場の四隅に照明を1基ずつ設けます。

施設の利用時間は、現在午前9時~午後5時で、照明の設置後は午後9時までに延ばす方針です。

京都府は、このほか約1800人が観覧できる陸上競技場の正面スタンドに屋根を設け、クラブハウスを整備。

さらに公園のテニスコート4面に屋根を設けます。





設計と整備費は、計7億2200万円。

京都府一般会計の2013年度補正予算案と2014年度当初予算案に盛り込みました。

工事は、2014年度に完了します。

Related article