白河だるま市 家内安全、合格祈願

Tags

白河だるま市が福島県白河市内で行われました。

縁起物を買い求める大勢の客でにぎわいました。

白河市天神町から本町までの1.7キロの通りに、20軒のだるま店と700店の露店が集合。

毎年一回り大きいだるまに買い替えると福を呼び込むと言われ、高さ8~55センチの16種類が並びました。

客は、だるまの背に「家内安全」「合格」などの願い事を書き入れてもらいました。

黄色やピンクなど小さいだるまもあり、子どもたちに大人気!

白河だるまは、眉毛が鶴、ひげが亀、あごひげなどが松竹梅を表しています。






白河藩主の松平定信が絵師の谷文晁に描かせたということです。

だるま市に関するお問い合わせは、白河観光物産協会 電話0248-22-1147。

Related article