飛騨マム出荷!飛騨マム研究会

岐阜県高山市で西洋菊「飛騨マム」が出荷時期を迎えています。

栽培ハウスでは、ピンクや黄色の華やかな花が咲きそろっています。

飛騨マムは、ダリアのような菊で、日持ちが良く、彩りが豊かでブライダル用として人気があります。

高山市内の園芸農家4軒でつくる飛騨マム研究会(岩水忠盛代表)が2010年から本格的に生産・出荷しています。

高山市丹生川町の岩水忠盛代表の栽培ハウスでは、大輪を咲かせる「飛騨マム」や小さな球状の花を付ける「ピンポンマム」など約30種類を栽培しています。

薄紫や黄緑色の愛らしい花が栽培ハウスいっぱいに広がり、岩水さんらは花弁一つ一つ丁寧に保護ネットをつけて手際よく切っています。





20~50本単位で箱詰めし、東京や大阪方面に出荷されます。

飛騨マム研究会代表の岩水忠盛さんは「春は寒かったし、こんなに難しい年は初めて」としながら「いずれは結婚式と言えばマムと言われる花にしたい」と話してくれました。
飛騨マム出荷!飛騨マム研究会 飛騨マム出荷!飛騨マム研究会 Reviewed by I Kinoshita on September 15, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.