勝山水菜 おひたしやごまあえで

勝山水菜の収穫が最盛期を迎えています。

生産者が作業に精を出しています。

今年の大雪の影響でピークは例年より一カ月遅くなりました。

中村衛さん方では、約10アールの畑で勝山水菜を栽培しています。

妻の中村靖子さんが水菜を丁寧に切り取っています。

例年なら二月末に出荷を終えますが、今年は大雪で作業できなかったため、一カ月遅れでようやく出荷が本格化しました。


靖子さんは「去年秋ごろからの日照不足などで例年より小ぶり。今年は長い間雪の下に埋もれていたので、その分甘みが強くなっている。甘みは例年より強いはずで、おひたしやごまあえなどにして食べるとおいしいよ」と話してくれました。

勝山水菜は福井県勝山市の特産野菜です。

ビタミンAのβカロテン、ビタミンC、ミネラルのカリウムを豊富に含んでいます。

江戸時代頃から栽培が始まり、寒い季節の数少ない野菜として重宝されています。

メールで最新の記事の更新を購読する:

Iklan Atas Artikel

Iklan Tengah Artikel 1

Iklan Tengah Artikel 2

Iklan Bawah Artikel