東根市市民バス新型車両導入

山形県東根市は、市民バスの老朽化に伴って車両1台を新型に更新し、JRさくらんぼ東根駅前でお披露目式を行いました。

東根市の市民バスは1999年に運行を開始し、現在は5路線で1日14便が走っています。

2台の車両はともに15年間走り続け、内外装の傷みが目立ってきていることから、うち1台を新車両に切り替えました。

導入した車両は小型バスで34人乗り。

従来の車両と定員は同じで、高齢者や障害者が乗り降りしやすいノンステップバスを採用しました。

購入価格は約2000万円。

車体側面に東根市のイメージキャラクター「タントくん」をはじめ、サクランボやラ・フランス、モモなどをデザインし果樹王国ひがしねをPRしています。


乗車料金

●大 人 200円

●小・中学生、高校生 100円

※ 小学校入学前の方は、無料です。

●身体障害者、知的障害者、精神障害者、車イス使用者および付添人、満70歳以上の高齢者は、上記料金の半額となります。

※ 各種手帳および年齢のわかるものを運転手にご提示ください。

回 数 券

●100円券が11枚綴りで1,000円です。

●回数券の販売は、市民バス車内、 社団法人 東根市観光物産協会 、市役所生活環境課でおこなっています。

運 休 日

●土曜日、日曜日、祝日、1月2日、3日、12月31日

お問い合わせ

東根市役所生活環境課市民生活係

電話 0237−42−1111 内線2171

FAX 0237−43−1177

E-mail seikatsu@city.higashine.yamagata.jp
東根市市民バス新型車両導入 東根市市民バス新型車両導入 Reviewed by I Kinoshita on March 11, 2015 Rating: 5
Powered by Blogger.