3/12/2015

豊田スタジアムにサッカーワールドカップブラジル大会競技用ベンチ

サッカーワールドカップブラジル大会の会場で使用された競技用ベンチが豊田スタジアムに寄贈されました。

Jリーグ一部名古屋グランパスの開幕戦から登場。

今後もグランパスの試合などで使用されます。

ベンチは選手用(長さ11.5メートル)が2台と審判用(7.5メートル)が1台。

サッカーワールドカップ一次リーグの日本-コロンビアなどが行われたクイアバのスタジアムで使用されました。

開発元の旭硝子が豊田市に工場を置いている縁から提供を申し出ました。

担当者は「貴重なものでありがたい。市民にも触れてもらえる機会を設けていきたい」と話しています。


豊田スタジアムは、昨年12月のJリーグアウォーズで、芝生の状態が良い競技場に贈られる「ベストピッチ賞」を初受賞。

開幕戦前に授与式があり、Jリーグ常務理事から太田稔彦豊田市長へ記念の盾が贈られました。

Related article