とれいゆ つばさ 足湯新幹線

Tags

JR東日本は、全国初のリゾート新幹線「とれいゆ つばさ」を報道関係者に公開しました。

足湯とテーブル付きお座敷が特徴で、JRは「温泉街を散策するように列車の旅が楽しめる」とPRしています。

9月末までの土、日曜日と祝日を中心に、福島-新庄間を1日1往復します。

7月末までの指定席は、完売しています。

とれいゆ つばさは、6両編成で、このうち1両に横2.4メートル、縦50センチ、深さ35センチの足湯2槽を設けました。

くつろぎながら車窓から景色を眺めることができます。

湯上がりラウンジと名付けた1両には、畳の座敷とサクラ材のテーブル、バーカウンターを配置しました。

山形県産の日本酒やワイン、料理を提供します。

定員は、143人で、座席のある4両のうち、3両の座席には、畳を用いました。

秋田新幹線こまちとして使用されたE3系車両を約5億円かけて改装。

車体には、山形を代表する月山と最上川、蔵王をモチーフに緑と青、白を配しました。




「とれいゆ」とは「トレイン(列車)」とフランス語の太陽を意味する「ソレイユ」を合わせた造語です。

車内には畳の「お座敷指定席」や、山形県産の地酒やワイン、ジュース等を取りそろえた「バーカウンター」、そして車窓を眺めながらくつろげる「足湯」を設置。

温泉街のように散策しながら列車の旅を楽しんでいただく、新しい新幹線の旅をどうぞ。

指定席特急料金


12~14号車 お座敷指定席(語らいの間)

大きなカバ材のテーブルと、ゆったりとした畳座席、天井や座席背板には山形のフルーツをモチーフとしたレリーフを装飾し、お客さまに優雅な旅の時間を提供します。


15号車 湯上りラウンジ(モノや人との出会いの間)

畳のお座敷、本桜のテーブル、紅花色のバーカウンター、山形ゆかりの品を展示する有機ELパネルで構成した飾り棚、漆喰質の壁、石張りの小路が出会いの場を彩ります。



16号車 足湯(くつろぎの間)

紅花色の湯船が石張りの小上がりにゆったりと2槽、黒塀のような側壁、木質ルーバーで囲われる湯の間。足湯で寛ぎながら車窓を眺める旅を演出します。

Related article