17.5キロ巨大スイカ収穫、知花邦夫さん

Tags

知花邦夫さん(沖縄県読谷村波平)は、17.5キロの巨大なスイカを収穫しました。

スイカを育てて7年になる知花邦夫さんは「ことしの出来は最高だ。こんなに大きいのは初めて」。

スイカの品種は、スーパーにも並ぶ「縞王」で、通常は大玉でも8キロ程度。

知花邦夫さんがことし収穫したのは、100個以上で、軒並み10キロを越えています。

出荷はせず親族や近所に配っています。

ゴーヤーやトマトなど多種の野菜を育てていますが「孫たちが一番喜ぶのがスイカなんです」と知花邦夫さん。

スイカ用の165平方メートルの畑を何度も耕し、4月20日に20株の苗を植えました。


ことしは雨が多かったが、畑が傾斜地のため水はけが良く、排水用の溝を掘ったことも奏功しました。

三日月型に切った真っ赤なスイカを口いっぱいに頬張る孫たちを見ると幸せな気持ちになります。

「健康な間はずっと続けたい。これはもう、ハルサー(農家)のロマンです」と話してくれました。

Related article