水の流れる段床、涼しい~

Tags

さいたま市役所東側広場に「水の流れる段床」がお目見えし、水遊びする子どもたちでにぎわっています。

最高気温は、熊谷で32・5度、越谷31・5度、さいたま31・1度と、埼玉県内各地で真夏日となりました。

さいたま市が広場の階段部分に水を流し、来庁者に涼を提供します。

水着姿になった子どもたちは、水を掛け合ったり、階段に横たわったりと大はしゃぎ!

夏本番を思わせる日差しの下でにぎやかな歓声が響きました。

息子の景太くんと遊んでいた遠山幸子さんは「今年初めて来た。自宅近くにこんな場所があってうれしいですね」と話してくれました。



さいたま市では、本庁舎東側広場において毎年夏季に実施している「水の流れる段床」の運転を7月2日(水)より開始します。

また、本年度は「水の流れる段床」の開催時期にあわせ、試行的に本庁舎東側広場サロン棟を熱中症予防のため「まちのクールオアシス」として開放します。

なお、浦和区役所では本庁舎1階ロビーを「まちのクールオアシス」として7月1日(火)より開放しています。

1 期間

2014年7月2日から8月31日まで(雨天及び市主催イベント等実施日を除く)

2 時間

9時から16時まで

3 水質管理

プールと同等に管理している循環水です。

4 注意事項

水遊びができるのは、未就学児のみです。

保護者の責任において遊びに夢中になっている子供に、ケガなどの事故がないよう必ず付き添って遊ばせて下さい。

防犯上、子供から目を離さないで下さい。

防犯上、子供には水着などを着用させて下さい。

衛生上、オムツ(水遊び用オムツを除く)を着用したまま遊ばせないで下さい。

衛生上、段床内で飲食をさせないで下さい。

休憩する場合は、通行の妨げとならないようにして下さい。

プールと同様、この段床の水は飲めません。

Related article