クールスポット、省エネ夏の過ごし方

京都市は、9月30日まで京都市内の公共施設や観光地など367カ所をクールスポットとし家族でお出かけ節電キャンペーン in Kyotoを始めました。

市民に省エネ型の夏の過ごし方を提案し、楽しみながら節電への協力を求めます。

京都市は、2012年度からクールスポットの取り組みを始め、2013年度は351施設・イベントをスポットに指定、120万人が利用しました。

今年は、新たに京都市内の鉄道会社などと連携し、比叡山や鞍馬・貴船など、涼を感じられる観光地もスポットに定めました。

各鉄道会社の企画切符などを紹介し、公共交通で出かけるスタイルの普及を目指します。

このほか、全公営保育園と民間保育園の計49園が「夏のオアシス!クールキッズステーション」として、園内に親子や高齢者の憩いの場を設けるほか、うちわづくり体験などのイベントも企画します。

入場料や利用料割引など特典付きのスポットもあります。

京都市地球温暖化対策室は「電力に余裕があるわけではなく、危機感は強い。省エネ型の夏の過ごし方を知ってほしい」としています。







今夏も節電にご協力を

京都市では、7月1日から9月30日までの平日(午前9時~午後8時)を節電期間とし、節電目安を「昨夏実績(平成22年度比▲11%)以上」と設定しましたので、市民の皆様や事業者の皆様のご協力をお願いします。







家族でお出かけ節電キャンペーンin Kyoto(クールスポット)

京都市では、地域や家族の絆を深める楽しく前向きな節電として、みんなで集まって涼しく過ごせる「クールスポット」を設定し、ご家族・ご友人等と一緒に外出することを促す「家族でお出かけ節電キャンペーン in Kyoto」を実施しています。

今年は、広く市内交通事業者と連携し、各沿線・路線で山や川など京都の自然の涼しさを体感できる新たなクールスポットを設定しています。

また、パンフレットについては、特集記事を掲載するなど、内容を大幅に充実しています。

さあ!夏はみんなでクールスポットへ!
クールスポット、省エネ夏の過ごし方 クールスポット、省エネ夏の過ごし方 Reviewed by I Kinoshita on July 07, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.