救急車の到着が10分遅れ、NTT住所誤登録

飯田広域消防本部が下伊那郡高森町内からの119番通報を受けた際、発信元の電話番号から住所を表示するシステムに誤りがあり、救急車の到着が10分遅れたのは、NTTに発信元の住所が誤って登録されていたためだったことが分かりました。

発信元の固定電話は、NTTの登録上、約160メートル離れ、救急車が最初誤って到着した家の住所になっていました。

NTT東日本長野支店は取材に「問題発覚後に過去数十年にわたって調べたが、経緯が分からなかった」としています。

今回誤りが判明した住所は修正したいとしています。

一方、飯田広域消防本部が昨年12月にシステムを試験導入して以降、表示内容と発信元の住所が違ったりしていたほかの計44件について、固定電話に関してNTT側に照会していなかったことも分かりました。

飯田広域消防本部は、問題を明らかにした記者会見で「(NTT側に)その都度報告している」としていたが撤回。

「システム業者に照会したことと勘違いしていた」と。

関島弘文消防次長は「総合的に再発防止の対策を取る」と話しています。


救急車の到着遅れは、5月23日夜に発生。

高森町牛牧の女性が家族の体調不良を通報。

救急車は誤った住所に到着し、その10分後に発信元の家に到着しました。

関係者によると、救急車が最初に到着した家は高森町上市田地籍で、発信元は牛牧地籍。

2軒は親戚関係にもなく、関係者は「なぜ同じ番地になっているか心当たりがない」と話しています。


大きな地図で見る

飯田広域消防本部

住所: 〒395-0024 長野県飯田市東栄町3345

電話:0265-23-0119
救急車の到着が10分遅れ、NTT住所誤登録 救急車の到着が10分遅れ、NTT住所誤登録 Reviewed by I Kinoshita on June 12, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.