3億4492万円!愛媛マラソン愛媛県内経済効果

IRCいよぎん地域経済研究センターは、2月9日に行われた「第52回愛媛マラソン」の愛媛県内経済効果は、過去最高の3億4492万円で、主催者事業費(約1億600万円)の3.25倍だったとの試算を発表しました。

昨年は、7992人が出走し、経済効果の試算は3億2132万円でした。

今年は、出場者が過去最多の8236人に増えたことが効果を押し上げたとし、観客は沿道とスタート・ゴール会場を合わせて約19万2000人と推計。

IRCは「愛媛県外からのエントリーは約2000人で前年の約2倍になったが、大会前日の雪などの影響もあり、棄権者が計約1000人いた。気象の悪条件がなければ効果はもっと高かった」とみています。

効果の内訳は、主催者事業費や選手・観客の交通宿泊費、観光費などの消費額を合わせた直接効果が2億2954万円。


直接効果による愛媛県内の生産活動促進で生じた間接効果は、1億1538万円。
3億4492万円!愛媛マラソン愛媛県内経済効果 3億4492万円!愛媛マラソン愛媛県内経済効果 Reviewed by I Kinoshita on March 05, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.