ごぼうのキムチ漬 福田青空市すいれん

Tags

福田青空市すいれん(JA倉敷かさやの農産物直売所)は、岡山県内最大の産地である連島地区産のゴボウの規格外品を使ったキムチを開発、販売を始めました。

規格外品の受け皿をつくり、産地活性化につなげるのが狙いです。

地域ブランドとして普及を目指しています。

曲がっていたり、出荷前に切り落とした先端部などを原料に使用。

下ゆでした後、韓国産のトウガラシをはじめ、ニンニク、アミエビ、果物などを混ぜたキムチだれに漬けて仕上げました。

商品名は、ごぼうのキムチ漬。

こくのあるたれの風味と、歯ごたえのある独特の食感が楽しめます。

1パック(160グラム)200円。


連島地区では、31戸が15ヘクタールでゴボウを栽培しています。

岡山県内生産の約8割を占めます。

年間約10トンの規格外品が発生しますが、多くは自家消費や廃棄処分に回されていました。


福田青空市すいれんは、こうした規格外品の受け皿づくりに商品を企画。

取引のある韓国食材販売店、キムチ屋に開発を委託しました。

ゴボウを使ったキムチは聞いたことがないため、レシピの確立に試行錯誤。

独特の食感を残すため、下ゆで時間を変えたり、果物などで甘みを加えて味のバランスを整え商品化しました。


福田青空市すいれん

〒712-8032 岡山県倉敷市北畝6丁目540-1

TEL:086-441-2409

Related article