名古屋コーチン手巻きご飯給食に登場

Tags

愛知県小牧市のすべての小中学校25校で地元発祥の名古屋コーチンの肉が入った手巻きご飯が給食で出され、子どもたちが夢中でかぶりつきました。

鶏肉のあまだれかけをご飯にのせ、のりで巻いて食べるように工夫したメニューとして登場しました。

初めてコーチンの飼育に成功した篠岡小学校では「独特の味と歯応えがあり、人気がある」と学校放送で名古屋コーチンの特徴を紹介しました。


4年生の池原有里奈さんは「小牧でコーチンが生まれたとは知らなかった。肉の味が濃くて、おいしい」と大喜び!

3月10日の「名古屋コーチンの日」を前に実施されました。

Related article