3/21/2015

犯罪被害者支援寄付金付自動販売機

酒田地区給油所暴力対策協議会は、売り上げの一部が弁護士相談やカウンセリングの費用援助につながる「犯罪被害者支援寄付金付自動販売機」を新たに5台設置しました。

酒田地区給油所暴力対策協議会の畠中昭治会長は「金額の大小ではなく、企業としての社会貢献が果たせればうれしい」と話しています。

やまがた被害者支援センターによると、山形県内では2013年11月に13台を導入して以来、2013年年度末に28台、2014度末に70台と増加。

2015年2月末には77台となっています。

犯罪被害者支援の輪を確実に広げるため、来年度中に150台を目標にしています。




ジュースを買って被害者支援

ジュース1本につき5円が(公社)やまがた被害者支援センターに寄付され、集まった善意が被害を受けて苦しむ方々の支援に有効活用される取組みです。

酒田地区給油所暴力対策協議会(畠中昭治会長)に加盟するガソリンスタンドの協力を得て、5台の被害者支援自動販売機が設置されました。

山形県酒田市若竹町2丁目2-9

日之出石油株式会社 若竹町給油所(コスモ石油)

山形県酒田市東大町2丁目25-4

フジクラ産業株式会社 酒田大町給油所(ENEOS)

山形県酒田市宮海字向砂畑122-3

有限会社宮海日石 宮海給油所(ENEOS)

山形県酒田市松美町1-3

丸輝石油株式会社 高砂給油所(昭和シェル)

山形県酒田市東泉町3丁目18-1

荘内エネルギー株式会社 サンポートいずみ(ENEOS)

Related article