最上義光給食

サケ好きだったとされる戦国武将・最上義光にちなんだ給食が山形市の小学校8校で提供されました。

山形三小学校(酒井智子校長、423人)には、甲冑姿の武将や山形市の観光PRキャラクター「はながたベニちゃん」が訪れ、郷土の偉人をPRしました。

城下町山形の礎を築いた最上義光の没後400年を記念し、山形市学校給食センターが企画。

給食は、山形市内の学校で提供しています。

メニューは、山形県産サケを用いた昆布巻きをメインに山形県産米「つや姫」のムースなど。

山形三小学校の4年生の前に、最上義光歴史館サポータークラブ「義光会」の会員が扮した義光とその家臣、ベニちゃんが登場し、サケをおいしく食べたとの手紙が残るなどのエピソードを紹介。


給食を味わった武田夏芽さんは「サケ好きだと初めて分かり、違った一面が知れて良かった」、小清水光君は「義光公についてもっと勉強したくなった」と話してくれました。
最上義光給食 最上義光給食 Reviewed by I Kinoshita on January 25, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.