やぶきた 一番茶収穫

長崎県五島市で一番茶の収穫が始まりました。

台風や霜などの影響が少なく、質のいい新芽が育っています。

五島市農業振興課によりますと、五島市内では今年、20戸の約45ヘクタールで茶を収穫。

生葉の生産量はほぼ例年並みの約200トンを見込んでいます。

品種は「やぶきた」が8割を占めています。

松島榮さんが所有する約50アールの茶園では、早生品種「さえみどり」の新芽が摘採機で刈り取られています。


約2トンを生産し、五島市内の茶工場で荒茶にした後、佐賀県内である入札会に出荷する予定です。

松島榮さんは「天候に恵まれ出来は最高にいい。高値がつけば」と話してくれました。

一番茶の摘み取りは5月上旬まで続き、二番茶は5月下旬から始まります。

メールで最新の記事の更新を購読する:

Iklan Atas Artikel

Iklan Tengah Artikel 1

Iklan Tengah Artikel 2

Iklan Bawah Artikel