茜小町 規格外トマト蒸しまんじゅう

飛騨高山高校ビジネス科の三年生14人が、規格外で市場に出回らないトマトを活用した蒸しまんじゅう「茜小町」を開発しました。

淡いピンク色をした直径8センチのまんじゅうの中には、ジャガイモ、ズッキーニ、タマネギ、セロリとトマトを使ったソースをからめた具が詰まっています。

チーズを加えてピザ風味にし、トマトの甘みや酸味を際立たせました。

無添加の着色料を使ったトマトの形で見た目も工夫しています。


規格外野菜の加工を手掛ける「ミチナル」が協力。

生徒は「インスタ映え」に着目し、客による会員制交流サイト(SNS)での発信を通して「多くの人に飛騨高山へ足を運んでもらいたい」という願いも込めています。

生徒たちは「商品開発」という選択授業の受講生でミチナル商品開発担当の藤本純里さんを講師に迎えて味は変わらないのに傷が付いたり、大きさが異なったりするだけで、多くの野菜が廃棄されている現状を学びました。

観光客に人気の「喜八郎飛騨牛まん」の工程を見るなどして、まんじゅうを作ることに決定しました。

女性の観光客をターゲットにし、野菜中心のヘルシーで食べ歩きできるサイズを提案。

試作を繰り返してトマトの色と飛騨の美しい夕暮れの風景から「茜小町」と名付けられました。

メールで最新の記事の更新を購読する:

Iklan Atas Artikel

Iklan Tengah Artikel 1

Iklan Tengah Artikel 2

Iklan Bawah Artikel