6/02/2017

キンポウゲ科の多年草オキナグサ

六呂師高原で、キンポウゲ科の多年草、オキナグサが見ごろを迎えています。

福井県内では自生地は絶えましたが、かつて多くが咲き誇った六呂師高原で自生していた株が人の手により生きていました。

オキナグサを蘇らせる会が、六呂師高原スキーパークの下部に花壇を築いて育てています。


オキナグサは、赤紫色の花を下向きに咲かせた後、種から白く長い毛が伸びます。

さらに、綿毛となり、球体状に膨らみます。

六月中旬まで見られそうです。

Related article