コブハクチョウひな6羽放鳥 ときわ公園白鳥湖

ときわ公園でコブハクチョウのひな6羽が白鳥湖に放されました。

白鳥湖で飼育されているつがいの子どもで仲良く湖面を泳いでいます。

ふわふわの綿羽に覆われたコブハクチョウのひなは体長25センチ、体重400グラム。

動物園に来た当初よりも一回り大きくなり、外敵に狙われる危険性が低くなったため白鳥湖での飼育が始まりました。

飼育員が湖面に浮かぶいかだの小屋にひなを入れて離れると、6羽は湖に飛び出し、そばに置かれた餌を並んでついばみました。

順調に成長すれば半年ほどで親鳥と同じくらいの大きさになります。

コブハクチョウのひなは、4月14日に下関の深坂ため池で孵化し親鳥と一緒にときわ公園にやってきました。





お問い合わせ先

公益財団法人 宇部市常盤動物園協会

〒755-0003 山口県宇部市則貞三丁目4−1

TEL:0836-21-3541

FAX:0836-21-5099
コブハクチョウひな6羽放鳥 ときわ公園白鳥湖 コブハクチョウひな6羽放鳥 ときわ公園白鳥湖 Reviewed by I Kinoshita on May 18, 2017 Rating: 5
Powered by Blogger.