3/08/2017

夕焼けパンダ

夕日とアンテナ塔が重なってパンダのようなシルエットをつくる夕焼けパンダの観測会が明石市立天文科学館で開かれました。

日没が近づくにつれて曇り空から日が差し始め、午後6時前には見事な夕焼けパンダが出現しました。

参加した20人からは大きな歓声が起こりました。

明石市立天文科学館の長尾高明館長が2013年10月に夕日を撮影中アンテナ塔と重なりパンダのような構図に。


アンテナ塔と重なるタイミングは年2回しかなく「夕焼けパンダ見てみ隊」と題して観測会を開いています。

夕焼けパンダは、3月1日と10月12日に見ることができます。


明石市立天文科学館

〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6

電話 078-919-5000




開館時間

午前9時30分~午後5時(入館できるのは午後4時30分まで)

休館日

月曜日、第2火曜日、年末年始
(月曜日または第2火曜日が国民の祝休日と重なるときは開館し、その翌日が休館となります)

観覧料

一般 700円(高校生、中学生、小学生及び小学校就学前の方は無料です)

Related article