10/04/2016

鮎のやな場オープン 中川原公園

球磨川漁協は、観光客向けの鮎のやな場を人吉市新町の中川原公園にオープンしました。

球磨川に横8メートル、縦6メートルにわたって竹をすのこ状に並べ、上流から来た鮎を捕まえます。

熊本地震後、低迷が続いている地元の観光を盛り上げようと鮎のやな場を設置しました。


人吉大橋下流の中川原公園周辺に「観光アユやな場」をオープン

やなは5センチ~8センチの丸竹150本を組み上げ、横8メートル・縦6メートル・重さ872キログラムにもなります。

やな場は、秋に産卵のために川を下る”落ちアユ”を捕るための仕掛けです。

営業期間は10月1日から11月下旬までの約2ヶ月間。

定休日はありませんが、雨天時・増水時は、お休みすることがあります。

要予約(0965-32-3266)となります。

捕ったアユは中川原公園内の食事処で塩焼きも可能です(有料)。


開所期間

平成28年10月1日(土) ~ 平成28年11月30日(水)

午前10時 ~ 午後7時

定休日はありませんが、雨天時・増水時は、お休みすることがあります。


開所場所

中川原公園内



料金

鮎の塩焼き・鮎の田楽(両方同料金)

天然アユ 100g - 140g 1尾 700円 150g 1尾 1,000円

尺アユ 1尾 2,000円

養殖アユ 1尾 500円


その他

跳びはねるアユを直接手づかみできる体験

子どもたちが球磨川の豊かな自然にふれる体験学習の場

こども向けアユのやな場体験学習も随時受付中、お問い合わせ下さい。


お問い合わせ

球磨川漁業協同組合

住所:〒866-0051 熊本県八代市麦島町14-1

TEL:0965-32-3266

FAX:0965-32-7995

土日祝日は理事の宮川康幸さん TEL090(8223)2541

Related article