9/06/2016

夫婦岩大しめ縄張り替え

夫婦岩で2つの岩に架かる5本の大しめ縄が張り替えられました。

大しめ縄は、1本が長さ35メートル、重さ40キロ。

近くの二見興玉神社でおはらいを受けた後、氏子と神職の10人が岩に登って男岩と女岩にくくりつけました。

通例では参拝客の手送りでしめ縄を運びますが、風雨が強いため見送られました。

大注連縄張神事は毎年5月5日、9月5日、12月中旬土日曜日に行われる恒例行事です。

氏子代表の百木豊さんは「風が強くかったが、しっかり張ることができた」と話してくれました。

観光で訪れた蛭間豊さんは「偶然にも張り替えを見ることができて幸運です」と興奮した様子でした。




Related article