7/29/2016

梅干し天日干し 福井梅西田梅加工場

福井梅の産地の福井県若狭町で梅干しにする梅の天日干しが行われています。

西田梅加工場では、1000平方メートルの干し場に、塩漬けしてシソで色付けされた梅が、せいろに入れられて一面に並べられています。

食欲をそそる酸っぱい香りを漂わせています。

強い日差しの下、女性たち6人が、前日から天日干しされている梅を裏返しする作業を、手際よく進めています。

西田梅加工場では、梅雨明けに晴天が続くタイミングに合わせて、昼夜三日間にわたり梅を干すなど、手間暇かかる昔ながらの製法で梅干しを作っています。

西田梅加工場代表の武長伸夫さんは「殺菌作用があって、シソに良く染まって味もまろやかになる」と話してくれました。

干された梅は、シソの葉の入ったタンクに戻して一カ月ほど熟成させた後、販売されます。


西田梅加工場

住所 〒919-1462 福井県三方上中郡若狭町田井107−1

電話 0770-46-1421

Related article