天然ワカメ収穫最盛期 左右

福井県越前町左右で、天然ワカメの収穫が最盛期を迎えています。

早朝からの漁で収穫されたワカメが次々と水揚げされ、海岸には天日干しのワカメがじゅうたんのように広がっています。


ワカメ漁は四月下旬に解禁されましたが、荒天などで出漁できない日が多く、この日が今季三回目の出漁となりました。

午前四時四十分ごろの合図で地元の漁師ら17人が漁港に向かい、男性は小型船、女性はいかだで沖に出て収穫。

水揚げしたワカメは、真水で洗った後、脱水機にかけて、網の上で天日干しにします。

磯の香りが漂う中、太陽の光を浴びて褐色の輝きを見せています。

乾燥したワカメは、手もみして瓶詰めにされます。

ワカメ漁は六月上旬ごろまで続き、瓶詰めの乾燥ワカメは、漁師が地元で経営する旅館などで販売されます。

左右わかめ組合の作藤保明組合長は「天日干しなので軟らかくて口当たりが良い」と話してくれました。



天然ワカメ収穫最盛期 左右 天然ワカメ収穫最盛期 左右 Reviewed by I Kinoshita on May 14, 2016 Rating: 5
Powered by Blogger.