連節バス ジョイントライナー

滋賀県草津市内を走るジョイントライナー(二両の車体をつなげた連節バス)の発車記念式典がJR南草津駅前で行われました。

約150人が出席し、式典後には試乗会も開かれました。


ジョイントライナーを運行する近江鉄道の親会社西武ホールディングスの後藤高志社長は「この新たな取り組みが、地方創生の鍵になると考えている」

橋川渉市長は「未来へ向かって草津市が発展していくシンボルになってほしい」とあいさつしました。

愛称を命名した田中加奈子さんは記念品を受け取り「このバスで人と人、まちとまち、地域と地域がつながってくれたら」と話してくれました。


連節バスジョイントライナーはJR南草津駅前-立命館大びわこ・くさつキャンパス間の二・八キロを平日のみ一日二十四便、直通運転します。

定員116人で、運賃は通常の路線バスと同じです。

将来的には途中停留所での停車や、他路線への使用も検討されています。


連節バスとは

連節バスとは2台の車体を幌でつないだ大型のバスのことを言います。

幌でつながっているため前方の車両と後方の車両を自由に行き来することができます。

また2台を1台に連結しているため、通常の大型路線バスに比べ、約50人多く乗客を乗せることができます。


お問い合わせ先

近江鉄道株式会社 自動車部営業課

TEL:0749-22-3305
連節バス ジョイントライナー 連節バス ジョイントライナー Reviewed by I Kinoshita on March 28, 2016 Rating: 5
Powered by Blogger.