2/15/2016

お寿司ナマコ

鳥羽水族館に体色が赤褐色と白に分かれてにぎりずしのように見えるナマコが展示されています。


体長20センチのマナマコで地元海女の伊藤純子さんが片田漁港周辺の潜水によるナマコ漁で捕獲されました。

マナマコは通常、岩場や砂泥など生息地に近い青や赤褐色が多いそうです。

ナマコ漁が最盛期の2月には珍しい単色のナマコが持ち込まれることありますが、一つの個体で色が分かれるのは非常に珍しく原因は不明だそうです。

Related article