ミディトマト 越のルビー あまい

Tags

越のルビーの収穫が最盛期を迎えています。

福井市白方町の北野善直さん方のハウスでも、鈴なりに実ったトマトが真っ赤に熟しています。

北野善直さんは、600平方メートルのハウスで栽培。

今年は五月の寒暖の差が大きく、例年どおりの甘みに仕上がったということです。

1991年から越のルビーを栽培している北野善直さんは「福井県産ブランドを育てたいとの思いでやってきた。越のルビーを栽培する地域は増えたが、おいしさはどこにも負けない」と話してくれました。


越のルビーの収穫は、7月いっぱいまで続きます。

越のルビーは、福井県内で生産されるミディトマトのブランド名です。


金森強さんが赤く熟れた福井県特産品のミディトマト、越のルビーを一つ一つ丁寧にもぎ取っています。

金森強さん方の300平方メートルのハウスに5万個を超える実がなり、この日は3000個ほどを収穫しました。

金森強さんは「昼夜の寒暖差があり、例年以上に甘さが増している。安全、安心に作っているので、ぜひ一度口にしてほしい」と話しています。

Related article