Jun 21, 2015

金福すいか 糖度12度前後

金福すいかが収穫期を迎えています。

産地の福井市白方町のハウスでは、出荷を控えた黄金色の小玉スイカが丸々と実り、農家では傷がないか確認するなど出荷に向けた準備が進んでいます。

鳥居伸一郎さんも3・3アールのハウス内を見て回り、丹精した金福すいかをチェック。

本格的な収穫はもうすぐですが4個を収穫しました。

「今年は暑かったこともあり、出来はいい。普通のスイカとは違う皮が黄色く、とろけるようなマイルドな食感を楽しんで」と話してくれました。


福井市園芸センターによると、収穫は7月下旬にピークを迎え9月下旬まで続きます。

今年は福井市内で90アールを作付け計7000個の出荷を目指しています。

金福すいかは、福井市生まれです。

黄金色の美しいその姿から「福井市の景気回復と福井市民の健康と幸福を願い」「金福」と命名されました。

金福は、真ん丸で、皮色は光沢のあるなめらかな黄金色を呈し、果肉は赤色です。

重さは約2kg前後。切らずとも冷蔵庫にスッポリと入る手頃な食べ切りサイズです。

糖度は12度前後あり、皮際まで続くまろやかな甘さとシャリ感が特徴です。

3倍体のスイカなのでシイナ(実らなかった種の薄皮)は若干残りますが、種を気にせず丸かぶりで大玉すいかに優るおいしさを堪能できます。

Love and Peace. All You Need Is Love.