早生桃 日川白鳳 布目

Tags

早生桃の収穫が始まりました。

今年は雨が少なかったことや寒暖差が大きく、甘みのある桃が育っています。

出荷は6月いっぱいまで続きます。

兵庫県川西市内では、約40戸の農家が日川白鳳などの品種を栽培しています。

阪神間を中心に年間約60トンを出荷しています。


川西市南花屋敷の今北敏夫さんの農園では、約50本を栽培しており一つ一つ丁寧に収穫。

布目という品種は、水分が多く柔らかいのが特徴で、妻の今北綾子さんは「少し力を入れただけで指の跡が付き、商品にならないほど。手で皮が簡単にむけるんですよ」と話してくれました。

Related article