5/19/2015

まんまるゆべっち 雑穀ゆべし

一野辺製パンは、岩手大生が考案した雑穀ゆべし「まんまるゆべっち」を販売しています。

岩手県が開発したアワの新品種「ゆいこがね」を使い、もっちりとした食感に仕上げました。

「岩手県北特産の雑穀の消費を盛り上げたい」との若者と地元企業の思いが、優しい味わいに込められています。

雑穀の新菓子開発は、岩手大地域課題解決プログラムとして農学部の学生12人が企画し1年かけて進めてきました。

3年の村田青葉さんが「雑穀ゆべし」を提案し一野辺製パンが商品化を決定。

試食会を重ね、学生のニーズに応える味や食感を目指しました。

材料にした「ゆいこがね」は軽米町で生産され、粘度の高さと鮮やかな黄色が特徴。

米粉と三温糖とともに練り上げ、香ばしさと色合いを加えるためにいった粒も加えました。

濃口しょうゆと薄口しょうゆの二つの味のセットで、標準価格150円(税別)。


まんまるゆべっち

岩手大学との共同開発商品です。

アワ(岩手県産ゆいこがね)を使用したゆべしです。

濃口商品と薄口醤油の2種類の味が楽しめます。

一野辺製パン株式会社

岩手県二戸郡一戸町一戸字越田橋44

TEL:0195-33-3131

Related article