5/05/2015

加西とまと 味に丸み

兵庫県加西市内のトマト生産農家でつくる加西とまと出荷組合が、産品のブランド化を目指そうと、名称を加西とまとで統一しました。

加西とまと出荷組合は1954年発足。

当初、水稲の裏作として生産が始まりましたが、粘り気のある土壌や、寒暖差があって水害の少ない環境がトマトの育成に向いていることもあり、最盛期には約50人の農家がいたということです。

現在は、農家7人が加西とまと出荷組合の会員として活動しています。

加西産のトマトは「酸味が少なく、味に丸みがある」などとして評価が高く、テレビなどでも度々紹介され、知名度が向上しています。


そこで、生産したトマトを「加西とまと」と命名して売り出すとともに、小売りを意識して市場出荷用の化粧箱のデザインを変更しました。

絵は女性が水彩画で描いています。

加西とまと出荷組合顧問の岡田毅さんは「加西産を前面に出したかったので満足」、加西とまと出荷組合の本玉茂樹会長は「高級感もあり、田舎の温かみが出ている」と話しています。

Related article