イタリアンジョブ

Tags

1975年までに生産されたイタリア製クラシックカーの展示会イタリアン・ジョブが岐阜県揖斐川町鶴見の藤橋城・西美濃プラネタリウム駐車場で行われました。

北海道から広島県までの愛好家が運転し96台が集合しました。

新緑の時期に合わせ、自然豊かな地域のにぎわいづくりや同じ趣味を通じた交流づくりにつなげようと毎年開催しています。

今回のメインはルパン三世の愛車として知られるフィアット500。


来場者は、所有者にボンネットの中を見せてもらい、維持管理や修理、部品調達の方法などを尋ねていました。

家族や友人一家と訪れた岡本薫夜さんは「左ハンドルもあって面白い。ちっちゃい車がかわいく、ルパン三世と同じ車に乗ってみたい」と話してくれました。

クラブマザーヘッドの佐々木謙一代表は「参加者の輪が毎年広がり、みんなに和気あいあいと楽しんでもらえた。今後も続けたい」と話しています。


岐阜、愛知県の愛好家らでつくる団体クラブマザーヘッドの主催。

Related article