バブルサッカー体験教室

バブルサッカーの体験教室が常滑市南陵市民センターで開かれました。

バブルサッカーは、ノルウェーのテレビ番組の中で考案された新スポーツ。

ビニールの風船に身を包んでプレーします。

芯をくりぬいたリンゴのような形の風船(直径1メートル~1.3メートル、重さ13キロ)をかぶり、両脚の膝から下を外に出した状態でプレーします。

ボールに絡むプレーでの接触が許され、ゴールキーパーがいない点を除けば、ルールはフットサルとほぼ同じです。

転倒や接触による負傷の心配が少なく、経験や体格を問わず楽しめるバリアフリースポーツとして注目されています。


常滑市南陵市民センターが企画した教室には、常滑市内の小中学生や保護者らが参加。

競技の普及を図る企画運営会社ジェネリーの指導で、1チーム5人によるミニゲームを楽しみました。

参加した今井慶人君は「思うように体が動かせない分だけ、逆に楽しい。またやってみたい」と話してくれました。

Related article