Jan 10, 2015

西村雄一さん

日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリーで2014年ワールドカップブラジル大会開幕戦で主審を務めた西村雄一さんが山形市で「夢と感動を支えるために」と題して講演。

審判の努力や心構え、ワールドカップでのジャッジの瞬間などを紹介しました。

日本地下水開発の社員勉強会で講演しました。

西村雄一さんは、2014年ワールドカップではパスよりも、素早く攻めるカウンターが目立ったことを挙げ、戦術の変化に合わせ世界の審判が懸命に練習する映像などを紹介。

こうした努力を重ねながらも「感動を生むのは選手。審判の役割は選手を支えること。良い準備をすれば自信を持って物事に臨むことができる」と一般にも通じる心構えを話してくれました。


2014年ワールドカップ開幕戦では、PK判定が世界的に論議を呼びました。

クロアチア選手がブラジル選手を押さえたその場面を「ブラジル選手はシュートを打ちたかったが、できなかった」と判断の根拠を説明しました。

Love and Peace. All You Need Is Love.