次郎柿 シャキシャキでサラダに

Tags

次郎柿の収穫が最盛期を迎えています。

今年は着果が多く、昨年より1トン多い12トンの出荷を見込んでいるそうです。

次郎柿は、1935年ごろ三重県から苗木を導入。

現在は、13軒の農家が7.3ヘクタールの畑で栽培しています。


生産者の山本確さんは「できは上々。しゃきしゃきして甘い。サラダに入れてもおいしいよ」と話しています。


収穫は11月中旬まで続きます。


次郎柿は、宮崎県延岡市北方町の特産品です。


農産物直売所よっちみろ屋では、次郎柿祭りが開催されます!

2014年10月25日(土)、26日(日)の2日間、よっちみろ屋特設会場で「秋の感謝祭 次郎柿祭り2014」を開催します。

時間は午前9時から午後3時まで。

収穫時期を迎えた北方町特産の「次郎柿」の販売を中心に、町内で取れた新鮮野菜、果物、花の苗などの販売を行います。

また、焼き鳥、たこ焼きなどの出店コーナーもできます。

秋の夕日とともに色づく次郎柿は、どっしりとした形、ずっしりとした重み、しゃきしゃき感のある歯ごたえなど、早生柿の王様です。


延岡市北方町農林産物直売所 よっちみろ屋

〒882-0243 延岡市北方町早日渡巳175番地1

電話 0982-48-0808

ファックス 0982-48-0909

Related article