さんま水揚げ 小名浜港

Tags

小名浜港に今季初めてサンマが水揚げされました。

クレーンに取り付けられた網で次々とトラックの荷台に移されました。

水揚げしたのは、中之作漁協所属の第11権栄丸(199トン、17人乗り組み)。

北海道釧路の南東沖で105トンを漁獲しました。

160グラム以上の大型が中心で、1キロ当たり180~130円の「まずまずの価格」(漁協関係者)で取引されました。


漁労長の森田毅さんは「不漁だった昨年より魚群が濃く、大型が多い。脂も乗っており、どんどん食べてほしい」と話しています。


大きな地図で見る

小名浜港のサンマの水揚げ量は、2013年が約2000トン、2012年は約3200トン。

東日本大震災前に比べて減少しています。

Related article