ほたるのおしり ゆいこがねまんじゅう

岩手県が開発したアワの新品種、ゆいこがねを使ったまんじゅう、ほたるのおしりが発売されました。

二戸市や岩手県軽米町などで生産されたゆいこがねを100%使った皮で、こしあんを包んだ一口サイズ。

新品種の鮮やかな黄色を生かすため、着色料は使っていません。

冷凍で販売し、3個入り350円(税込み)。

盛岡市と岩手県平泉町、東京都にある岩手県のアンテナショップで扱います。

ゆいこがねは、本年度一般向けの栽培が始まりました。

岩手県は、雑穀の消費拡大を狙い、花巻市の食品加工業「マーマ食品」に商品化を打診。


商品名は、国広利紗さんが「アワの黄色と蛍のほのかな光のイメージが一致した」と命名。

岩手県二戸農林振興センター農業振興課の佐藤明子課長は「若い人や女性にも味わってほしい」と話しています。
ほたるのおしり ゆいこがねまんじゅう ほたるのおしり ゆいこがねまんじゅう Reviewed by I Kinoshita on August 25, 2014 Rating: 5
Powered by Blogger.