Aug 6, 2014

女子高生マグロの解体ショー

愛媛県立宇和島水産高等学校の女子生徒2人が多摩市にある鮮魚店吉川水産多摩センター三越店を訪れ、クロマグロの解体ショーを披露しました。

地元産の養殖魚をPRしました。

宇和島水産高等学校の水産食品科の女子生徒7人でつくるPRユニット、フィッシュガールから、いずれも三年生の寺坂美和さんと河野奈津美さんが参加しました。

白い前掛けをした寺坂美和さんは身長151センチと小柄ですが、出刃包丁などを使い、体長170センチ超、重さ56キロの地元で養殖されたマグロをわずか30分ほどで解体しました。


説明役の河野奈津美さんは、赤い法被姿。

マイクを手に「愛媛の養殖マグロは良いエサを食べているからおいしい。今日はかわいい女子高生が解体しているから100倍おいしい」と軽妙なトークを展開しました。

買い物客は、解体作業を歓声をあげながら見守り、赤身や中トロなどに切り分けられた刺し身を次々と買い求めました。

Love and Peace. All You Need Is Love.