Jul 14, 2014

御座白浜海水浴場で救助訓練

志摩市志摩町御座の御座白浜海水浴場で海水浴客が遊泳中に行方不明となる水難事故を想定した救助訓練が行われました。

海水浴場を管理する御座白浜観光組合と志摩広域消防組合、鳥羽海上保安部が連携し、通報や情報収集などの手順を確認しました。

御座白浜海水浴場は、年間15万人以上が訪れる三重県内有数の海水浴場。

津波や水難事故への対応にも力を入れており、2012年には独自の水難事故対応マニュアルを策定しています。

行方不明者の連絡があった場合、昨年までは組合員が探して発見されなかったときに消防や海保に通報するよう定めていました。

今年は、連絡が監視所に入った段階で通報するようマニュアルを見直しました。

訓練には、各機関から27人が参加。

十歳の男児が行方不明になったとして、両親から届け出を受けて監視所に詰めた組合員が消防と海保に通報。

ほかの組合員が遊泳客に浜に上がるよう協力を求めながら目撃情報を集めました。

集まった情報は、海上で捜索中の海保と組合のボート三隻に伝えられました。


発見した男児を救急車に乗せ、三重県のヘリコプターで搬送するまでの流れも再確認しました。

組合員たちは、ヘリが着陸するために必要な土地の広さを消防職員に質問したり、海底の地形や潮の流れを救助隊に説明したりしながら、夏の安全確保に努めています。


大きな地図で見る


御座白浜海水浴場

白い砂と遠浅の海岸で、透明度が抜群のビーチ。

「快水浴場百選」に選ばれ、海水浴シーズンにはたくさんの海水浴客で賑わいます。

東海地方でも有数の遠浅で波のおだやかな海水浴場です。

御座白浜観光組合

〒517-0705 三重県志摩市志摩町御座697-3

TEL0599-88-3326(代) 88-3241

Love and Peace. All You Need Is Love.