TANTO.NAREやまぎん屋上農園、山形ガールズ農場と

Tags

山形銀行が山形市七日町の本店に設けた「やまぎん屋上農園~TANTO・NARE」が開園しました。

4年目の今年は、農業生産法人「山形ガールズ農場」と連携し、初挑戦となる食用ホオズキをはじめ22種類を栽培します。

50平方メートルに75基のプランターを置き、行員らが育てます。

ガールズ農場の提案で食用ホオズキのほかヤーコン、青パパイアを導入し、メンバーの「栄農指導」を受けながら栽培します。

開園式で三浦新一郎常務は「環境保全の意識を高め、農業者の気持ちを少しでも理解したビジネス支援につなげたい」と話しました。


屋上農園は2011年、国内の銀行で初めて開設しました。

屋上緑化に加え、行員自らが栽培を経験することで、実践的なアグリビジネス支援に結びつける狙いがあります。

収穫した野菜は、七日町商店街の飲食店に提供されます。

~山形ガールズ農場とは?~


山形ガールズ農場は、女性のための女性の農場を目指しています。

農業ブームの到来で女性にとって、農業がだいぶ身近な存在になってきました。

でも、ブームに流されるだけではなく、農業を魅力ある職業としてもっと世の中の人たちに広く知ってもらいたい。

そんな想いを抱いてがんばっています。


農業は、生産だけではありません。

販売、加工、飲食店、農業の周りに広がる農業ビジネスを女子の視点から、魅力あるものへ変えていきたいと考えています。

生産から販売まで農業の川上から川下まで、ビジネスを知った農業人として成長することが、私たちの使命です。

Related article