洞窟たらいそうめん、ひんやり夏恒例

Tags

九十九島温泉花みずきサスパは、夏恒例の洞窟たらいそうめんの営業を開始しました。

旧海軍が太平洋戦争末期に地下工場を建設するために掘ったという洞窟の中でそうめんなどを楽しめます。

奥行き26メートル、幅と高さは、ともに3メートルある洞窟内は、常に19~20度でひんやり!

夏本番を迎えるにつれて観光客で行列もできるということです。

そうめんは、エビやシイタケ、薄焼き卵など9種類の具材が付いて690円。

刺し身にかき氷を組み合わせたアイデア料理も大人気です。



孫2人と訪れた波佐見町の男性は「入った瞬間に外との温度の違いを感じました」と話してくれました。

9月23日まで。


大きな地図で見る

九十九島温泉花みずきSASPA

住所、〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1129

電話、0956-28-5151

Related article