宮崎市原付オリジナルナンバープレート

Tags

宮崎市は、ミニバイク(50CC)のご当地ナンバープレートを作成しました。

7月1日から2500枚限定で希望者に交付されます。

ご当地ナンバーは、宮崎市政90周年を記念して昨冬、デザインを全国から公募しました。

応募総数448点の中から、東京都杉並区のデザイナー牛込幸男さんの作品が選ばれました。

牛込幸男さんのデザインは、サーフィンが盛んな宮崎をイメージし、サーフボードをかたどり、青色を基調に上部に空、下部に海を描き、南国らしいフェニックスもあしらいました。

市民税課の本田重雄課長は「ミニバイクがサーフボードを積んでいるような、かわいらしいデザイン。若者にも受け入れられそう」と話しています。


宮崎市制90周年を記念して、宮崎市らしさを表現するシンボル、自然、スポーツ等をイメージしたオリジナルナンバープレート作品を昨年10月4日から11月15日までに広く募集したところ、全国から448点の応募がありました。

これらの作品について、芸術等の専門家や市内の大学生などから構成された選考委員により審査を行い、最優秀賞及び優秀賞を決定しました。

最優秀賞の作品は、空と海とフェニックスが描かれサーフボードをかたどったデザインとなっています。

最優秀賞の作品を基に、原動機付自転車(50CCのみ)オリジナルナンバープレートを作成しました。

交付は、7月1日(火)から市民税課(第3庁舎1 階)、総合支所、地域センターで開始します。

手数料無料で2,500枚限定(無くなり次第交付終了)。

希望のナンバーを選択することや予約はできません。

なお、従来のプレートも交付しています。

手続きなど詳しくは、市民税課、電話0985-21-1742。

Related article