コブハクチョウ7羽のヒナ誕生

Tags

千葉県印西市内を流れる下手賀川周辺にすみ着くコブハクチョウのつがいに、7羽のかわいらしいヒナが生まれました。

ヒナは、いずれも生後10日目ぐらいとみられ、すくすくと育つヒナの姿を地域住民らが温かく見守っています。

印西市在住の今井武さんによると、今月中旬に親鳥に連れられて川を泳ぐ7羽のヒナを下手賀川周辺で確認。

ふわふわの灰色の羽毛に包まれたヒナと親鳥が、愛くるしい姿で泳ぎ回っています。

ヒナたちは、川岸近くの巣で誕生。


親鳥に見守られながら、泳いだり食事をしたりと元気いっぱい。

毎日の見守りが日課という今井武さんは「孫のようにかわいい。これからの成長が楽しみ」と話してくれました。

Related article