3/23/2014

ひだみのりのトキメキそりゅーしょん

岐阜県は、スマートフォン「iPhone」向けに、若者や子育て世帯の生活を疑似体験できるアプリ「ひだみのりのトキメキそりゅーしょん」を開発しました。

アプリは、岐阜県内在住のひだみのりを主人公に、パートナーを探す「婚活編」、妊娠・出産を経験する「結婚編」、子どもの成長を知る「子育て編」、ドメスティックバイオレンス(DV)などに悩む「ひとり親編」の四つが疑似体験できます。

岐阜県子ども家庭課の20、30代の男女6人が考案しました。

それぞれ困難に直面した場面では「ぬかりなし」というキャラクターが登場し、岐阜県内の相談窓口を案内したり、岐阜県や市町村の事業や活用できる制度を紹介したりして、解決策をアドバイスします。

また、福笑いやじゃんけんなど親子で楽しめるゲームもあります。

子ども家庭課では「ライフステージに応じた情報が満載。ゲーム感覚で楽しんでもらう中で、制度や相談窓口などいざという時の対処法を自然に知ってもらうのが狙い」と話しています。





アプリは、米アップル社のApp Storeで無料でダウンロードできます。

Popular Posts

Newsletter