矢櫃柿干し柿作り

長崎県南島原市北有馬町の矢櫃地区などで特産の「矢櫃柿」の干し柿作りが最盛期をむかえています。

ビニールハウスにつるされたオレンジ色の柿があめ色に変わった12月下旬には、正月用として長崎市に出荷されます。

矢櫃柿は、実が大きく、甘みが強いのが特長です。

種がない柿が多く、干し柿に適しています。

11月中旬から収穫を始めた矢櫃地区の城谷久徳さんは、妻さきよさんと、柿を10個ほどひもでつるし、より渋味を抜いて甘さを引き出したりきれいなあめ色にするために手もみ作業をしています。

今年の玉太りはまずまずだそうです。

夏の記録的な暑さが影響したせいか収穫量は例年より少なく、例年の3分の1程度の約1000個を作るということです。


城谷久徳さんは「高齢化で生産者が減っていることもあり、年々貴重な商品になっている」と話してくれました。
矢櫃柿干し柿作り 矢櫃柿干し柿作り Reviewed by I Kinoshita on November 29, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.