みなべん みなべ町のお弁当

和歌山県みなべ町内の飲食店が、地元の食材を使った弁当を「みなべん」として商品化しました。

今年の4月に、13年ぶりに開かれた商工祭(みなべ町、みなべ町商工会主催)で行った弁当コンテストがきっかけとなって誕生しました。

コンテストの入賞作品を参考にして商品化してほしいと商工会会員の事業所に呼び掛け、梅や地魚などを使った3種類の弁当が商工会から認定されました。

地元食材を使った弁当を募る「みなべんコンテスト」は、「地域の食をPRして町の新たな魅力をつくりたい」として「復活!!みなべあきんどカーニバル2013」のイベントの一つとして実施。

町内外から7チームが参加し、地元の海産物を使った弁当、紀州うめどりを使ったサンドイッチなど、趣向を凝らした3チームの弁当が最優秀賞と優秀賞を受賞しました。

あきんどカーニバル実行委員会の中心となった商工会青年部では、8月、入賞作品を参考にするなどして、地元食材を1品以上使った弁当を商品化してくれる事業所を募集。


カフェレストラン、カフェ・ド・マンマ(みなべ町埴田)と「わだま渡船内の弁当屋・輪~rin」(みなべ町埴田)、中華料理店、北京飯店(みなべ町芝)の3事業所が、地元食材を使った「みなべん」を提供することになりました。

カフェ・ド・マンマは、優秀賞のサンドイッチを基に、紀州うめどりやうめたまご、自家製梅マヨネーズなどを使った「みなべサンド」(500円、600円)を毎週金曜に販売。

持ち帰りもできます。

わだま渡船内の弁当屋・輪~rinの「みなべの日替わり弁当」(500円~)も優秀賞の作品をベースに、ハマチやイサキなど地元の海で捕れた新鮮な魚介類、野菜を使っているのが特徴です。

北京飯店では、特産である南高梅の梅肉が入ったギョーザなどを詰め込んだ「梅ギョーザ弁当」(550円、700円)を提供します。

カフェ・ド・マンマの岩本恵子オーナーは「みなべには梅だけでなく、魚や野菜などおいしい物がいっぱい。地元の素材にこだわったみなべんを、ぜひ食べてほしい」と話してくれました。

~カフェレストラン、カフェ・ド・マンマ~

住所 645-0004 和歌山県日高郡みなべ町埴田1590-40

Tel 0739-72-2361

営業日時

【平日】10:00~18:00 (ランチタイム:11:00~15:00)

【土日祝】9:00~19:00 (ランチタイム:11:00~15:00)

定休日 水曜日

最寄り駅 JR紀勢本線 南部駅~徒歩20分程度

座席数 30 席

駐車場 15 台

~わだま渡船内の弁当屋・輪~rin~

住所 和歌山県日高郡南部町埴田1171-1 輪玉 守

Tel 090-9048-4889

Fax及び夜間 0739-72-3995

和歌山県日高郡みなべ町 磯渡し 「わだま渡船」と、その向かいでやっている小さな弁当屋、「輪~rin~」。

みなべの磯釣りにぜひおいでください!弁当ご予約も承ります。

~中華料理店、北京飯店~

住所 〒645-0002 和歌山県日高郡みなべ町芝440−30

Tel 0739-72-3838
みなべん みなべ町のお弁当 みなべん みなべ町のお弁当 Reviewed by I Kinoshita on November 18, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.