11/21/2013

神奈川県保育賞

神奈川県は、神奈川県内の模範的な保育士に贈る「神奈川県保育賞」の2013年度受賞者8人を発表しました。

1965年に制定され、49回目となる神奈川県保育賞。

昨年までに357人が受賞し、子育てに携わる関係者の励みになっています。

贈呈式は、12月7日に神奈川県立音楽堂(横浜市西区)で開かれる「神奈川県保育のつどい」で行われます。


受賞者は次の通り(敬称略)。

大橋圭子(出来野ルーテル保育園)

小野桂子(県立中里学園)

瀬戸美智子(二宮保育園)

高橋千津子(ゆりかご園)

長瀬理恵(長岡保育園)

埴田葉子(尚花愛児園)

藤井恵美子(つぼみ保育園)

山口敬子(エリザベス・サンダース・ホーム)

神奈川県保育賞の概要

神奈川県保育賞は、神奈川県内の児童福祉施設に保育士として多年勤務し、その間、旺盛な保育精神に徹した働きが他の模範となる方を表彰するものです。

今回で49回を迎え、昭和40年の制定以来、昨年までの48年間に357名が受賞しています。

受賞者には、神奈川県内の保育関係者、保育士養成校学生等が多数参加する「神奈川県保育のつどい」において、記章として「保育章」(やまゆりをデザインしたブローチ)を贈呈します。

お問合せ

神奈川県県民局次世代育成部次世代育成課

課長 井上

電話 045-210-4660

副課長 榊原

電話 045-210-4661

保育・待機児童対策グループ

三杉

電話 045-210-4663

ファクシミリ 045-210-8831

Related article