深川家ようかんまかろん販売

Tags

深川家(佐賀県小城市の国指定有形文化財)は、オープン1周年となる10月8日、新土産「ようかんまかろん」を販売します。

深川家のスタッフは「小城市の名物であるようかんを新たなスイーツに生まれ変わらせた。観光客の呼び水になれば」と期待を寄せています。

ようかんまかろんは、マカロンで薄切りのようかんを挟んだスイーツ。

深川家スタッフが約2カ月半前から、甘さやようかんの固さの調整など試行錯誤しながら開発しました。

テーマは「オールド・アンド・ニュー」で、伝統のようかんと最近流行の洋菓子マカロンを組み合わせました。




マカロンの材料になる卵は、佐賀市三瀬村で平飼いされた地鶏の卵を使用。

着色剤などは使わず、着色には紫芋、抹茶、ココアを使い、天然素材にこだわっています。

マカロンの軽い食感と、ようかんのしっかりした歯触りが特徴で、和と洋のスイーツをうまく融合させています。


ばら売り1個157円、化粧箱付き5個入り1050円、化粧箱付き10個入り2100円。

深川家は「軽く持ち運べるので、女性のお土産に最適」とPRしています。


お問い合わせ

深川家「揚羽蝶」

〒845-0001 佐賀県小城市小城町上町877

TEL&FAX:0952-73-1166

Related article